疲れがとれる。

まじめで働き者の日本人は、睡眠時間を削ってまで

お仕事や家事をがんばってしまいます。

早く気持ちいいお布団にはいってゆっくり眠りたい・・・

そうしたいのはやまやまなんだけど、そうもいかない。

疲れていても、がんばらないといけない・・・ 

そんながんばり屋さんのために、

少しでもお役に立てればと思っています。

疲れを構成する要素は3つに分類されるといわれています。

1つめは、睡眠不足。 2つめは、栄養不足。 3つめは肉体疲労。

ようは、これらの要素を取り除いてあげればいいんです。

とはいっても簡単なことではないですよね(^^;)

これら3つのうち、栄養不足と肉体疲労は、

栄養ドリンクやビタミン剤の補給などである

程度の回復は見込めるのですが・・・

問題は睡眠不足です。

睡眠が不足していると、疲労がどんどん蓄積され、

脳の活動が低下・・・                                 

それにともない、イライラや集中力の低下、

効率的な作業もできにくく、結局時間を浪費しているだけ・・ 

なので、なかなか十分な睡眠時間の確保が難しい方は、

とにかく眠りの「質」を高めることが大事です。

「質」=「熟睡」です(熟睡した状態をノンレム睡眠といいます)

人は熟睡している時に、疲労を回復する成長ホルモンを分泌します。

つまり、熟睡度の高い、深い睡眠をしっかりとることができれば、

3時間程度の睡眠でも疲れを取ることができるのです。

そこで、今回はいろいろある熟睡方法のうち

忙しい時に手軽に熟睡できる、おすすめの睡眠術をご紹介しますね。

 

いたって簡単!

 

ふとんに入ったら、とにかく楽しいことを思い浮かべる事!

ポジティブな思考がリラックス感を生み、

脳がやすらかな状態になります。

「瞑想」などはもっとも脳をリラックスさせる方法で、

頭の中をからっぽにできればいう事なし。

脳がリラックスした状態からの入眠が

もっとも簡単な熟睡への近道となりますので、

ぜひ一度試してみてください。

いい夢が見れますように。

Twitter

Twitter

ツイッターはこちら

facebook

facebook

フェイスブックはこちら

Instagram

Instagram

インスタグラムはこちら

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. 2018.04.6

    癒しの空間

ゆめ屋応援サイトのご紹介

寝心地が格段にアップします!

PAGE TOP