体圧分散敷きふとん

そもそも体圧分散ってなに?

体圧分散という言葉を聞かれたことはありますか?

描いて字のごとく、体の圧力を分散するというわけですが・・・

ちょっと想像してみてください。

硬~い板の上に、長いあいだ寝っ転がったらどこが痛くなると思いますか?

頭・背中・お尻・かかと・・じゃないでしょうか。

分かりやすくいうと、人間の体って凸凹なんですよね。

さきほどの痛くなる部分って、からだの凸の部分なんです。

その凸の部分に圧力がかかるので、その圧力を少しでもなくしてあげると楽に眠れる

というわけです。

体圧分散敷きふとんは、凸の部分だけが自然に敷きふとんにしずんでくれるので、その

部分の圧力を感じなくなるんですね。

参考までに、寝ている時の人の体重は、頭に8%、背中に33%、腰に44%、かかと付近に15%というバランスになっています

体圧分散とは、体重を適度に分散し、特定の部位に過度の負担をかけなくするということなんですね。

でも、それだけじゃダメなんです。

次に大事なのが、寝る時の姿勢・・「寝姿勢」です。

理想的な寝姿勢とは?

理想的な寝姿勢というのは、背骨が緩やかなS字カーブを描いている状態だといわれています。

分かりやすくいうと、普通に立って肩の力を抜いた状態(立位の姿勢といいます)

そのまま横になった寝姿勢が、理想の寝姿勢といわれています。

実は、前述した体圧分散って、柔らかくて厚みのある敷きふとんに寝れば、圧力の

分散はできるんです。

ただ、体全体が敷きふとんに沈んでしまい、猫背のような姿勢になってしまいます。

これでは姿勢の悪化により、腰や肩に違和感や痛みを生じてしまう恐れがあります。

硬すぎてもダメ、柔すぎてもダメ。

う~ん・・・敷きふとんって難しいですね・・・

理想の寝返りはひと晩20回

人は誰でも必ず寝返りをうっています。

理想の寝返りの回数はひと晩で20回前後といわれています。

しかし、前述しました「体圧分散」と「寝姿勢」が理想的でないと、一晩に

寝返りをする回数が極端に増えてしまいます(30回から50回)

寝返りというのは、体にかかる負担を和らげようと行う行為で、実は体を動かして

いる間は脳が起きている状態に近づいているんです。

ようするに、寝返りが多ければ多いほど「熟睡」できていないということ!

「熟睡」には疲れををるという、非常に大事な役割がありますので、これは大変です。

「体圧分散」「寝姿勢」を理想的な状態にすることで、この寝返りの回数が20回前後に落ち着くといわれています。

だから体圧分散敷きふとんがおすすめ!

疲れを取るための「熟睡」をするのにとても重要な「体圧分散」「理想の寝姿勢」

「寝返り20回」のすべてを解決してくれるのが、体圧分散タイプの敷きふとんです。

市場には、この体圧分散タイプの敷きふとんが多種多様にございます。

どれがいいではなく、”どれがご自分に合っているのか” が非常に重要です!

もし、ご購入をお考えでしたら、必ず店頭で試し寝をしてください。

見て、触るだけではけっしてご自分にあった敷きふとんには巡り合えません。

1年365日お世話になる大事な敷きふとんです。

ぜひ、ご自分に合った理想の敷きふとんを探してみてください。

そして、いい夢が見れますように。

 

 

 

 

 

 

 

Twitter

Twitter

ツイッターはこちら

facebook

facebook

フェイスブックはこちら

Instagram

Instagram

インスタグラムはこちら

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. 2018.04.6

    癒しの空間

ゆめ屋応援サイトのご紹介

寝心地が格段にアップします!

PAGE TOP